コンセプト

心地よい暮らしやライフスタイルを提案するため,八木建築店は3つのコトを大切にしています。

住んで安心できる家づくり

自然と調和した家づくり

地域に密着した家づくり

住んで安心できる家づくり

 古い歴史と自然に恵まれた三木市で仕事を始めて60年程経ち,多くのお客様の家づくりのお手伝いをさせていただきました。『家づくり』は時代を経て大きく変化を遂げてきました。多様化するニーズに合った工法や材料が新しく開発されることでプレファブ化が進み,今ではデザイン住宅からローコスト住宅など幅広い形で成り立っています。そのような中でも,私どもが創業当初より守り続けてきた『家づくり』とは,古来より継がれてきた伝統的な日本建築技術を活かし,風土に適した建築方法を用いた『住んで安心できる家』です。

 昨今では家の耐久性や省エネがますます謳われ、国においても住宅性能を高める方策が次々に打ち出されていますが,最新技術を集めた家だから必ずしも安心して住むことができるとは言えません。なぜなら,家の構造や工夫自体は現代においても古くから日本に根付いてきた技術に学ぶことが多く,それが『家づくり』の原点であると考えるからです。私どもは地域に根付いた建築店として、ご施主様・ご家族様にとって『住んで安心できる家』を建てたい,家づくりを楽しんで貰いたいと考えております。そんな想いに応えるため、私どもはシンプルで正直な『家づくり』を心掛けています。


自然と調和した家づくり

 一昔前では,家の間取りは玄関を入ると廊下があり,その廊下を介して各部屋にアクセスするスタイルが一般的でした。しかし,現在の家の間取りは廊下が殆どなく,居室部分をできる限り大きくとったワンルームのような形が一般的です。広いリビングや機能的な家事導線,明るく開放的な吹き抜けやバリアフリーを意識した引き戸など、個人重視ではなく家族の存在を第一に考えた家づくりが多く見られます。私どもはご施主様・ご家族が新しい住まいでどのように過ごすのか、どんな生活をされるのかを大切にし,憧れやイメージをカタチにしていくお手伝いを致します。

 また家は家だけでは成立しません。敷地周辺の自然環境や景観,色彩など数多くの要素が合わさって初めて家が成り立ちます。日射や通風,開口部からの景色など、自然と調和のとれた住み心地を考えた家づくりを心掛けています。

地域に密着した家づくり

 家は分譲住宅のような出来上がった商品を買っていただくようなものではなく、構想から完成,またメンテナンスに至るまでにいろんな人の想いや努力を積み重ねて作り上げていくものだと考えています。最初の打ち合わせからお引渡しまで「住んで安心できる家」を建てるために一つ一つのプロセスを大切にしています。ちょっとしたことでも遠慮なくお声がけください。家は構造がしっかりしていれば非常に長持ち致します。そして10年、20年と家族と住まれる間には、お子様の誕生、成長、結婚など家族構成もライフスタイルも変化します。住まいの変化に合わせ、暮らしやすい間取りに何度でもリフォームできることも在来工法の特長です。

 家は住み始めてから時間の経過と共にいろんなことに気づかされます。理想通りにつくることは大変難しいことですが,生活を通じて自分たちに合ったものをうまく取り入れ,工夫を重ねることで理想的な家に近づいていくものと考えています。そういう意味でも家は完成してからがスタートであり,本当のお付き合いが始まると言えるのではないかと考えます。

 三木の地で60年間,暮らしを見守り続けてきた私たちだからこそ気づくことが沢山あります。「ちょっとしたことなのだけど…」や「別の用事のついでに寄ってみた」,「実はこんなことがしたいだけど」を話にいつでも気軽に足を運んでください。